1. トップページ
  2. 番外編:種牡馬を取り巻く環境

種牡馬を取り巻く環境

仔馬は4月頃に産まれるのがベスト
サラブレットの生産で仔馬は4月に産まれるのが1番いいと言われ、生産者はその頃に合わせて種付けをさせることが多いです。理由としては、日本の競走馬生産のほとんどは北海道で行われていますが、冬の北海道は積雪があるため、日照時間も短いです。冬に仔馬が産まれると運動量が不足し、成長が遅れがちになってしまうためです。しかし、気候や日照時間のことを考えれば5月、6月のほうがよさそうにも思えますが、誕生から2年経った2歳の夏にはデビュー戦が控えているため、時期が遅くなると身体的に不利になってしまうという理由もあるようです。
引退後の牡馬、牝馬
繁殖牝馬は仔馬を産むと半年程は仔馬と一緒に生活します。仔馬が自分で草を食べられるようになると、乳離れが行われます。仔馬は仔馬ばかりが集まる厩舎へ移動し、母馬は繁殖牝馬が集まる厩舎へ移動します。母馬は来年の出産に向けての準備がはじまります。馬の妊娠期間が11ヶ月なので、出産が終わったと思ったらすぐに次の種付けが行われます。繁殖牝馬は引退後はずっと仔を宿していないといけないので、とても大変だと思います。
一方、種牡馬も大変である。競走馬を引退すると全ての牡馬が種牡馬になれるわけではなく、成績優秀なトップエリートのみが種牡馬になれます。それ以外の馬は乗馬用の馬として引き取られるか、廃用となるケースもあります。
シンジケート
シンジケートとは馬主や生産者が株主となって金を出し合い、種牡馬を共有する仕組みで種付け権利を株として販売し、出資者を募る形をとる仕組みです。
競走馬として優秀な成績をあげたトップエリートの牡馬は種牡馬として活躍するが、その種牡馬を購入にあたっての金額は数十億円にもなります。種牡馬の産駒達がレースに出始めて結果が出始めるのが、産まれてから4年後です。また、その産駒が絶対に活躍できる強い馬であるかも、走らせてみなければわかりません。このように種牡馬を購入するにあたってはギャンブル的な要素があり、もし走らない馬の場合はその購入資金が水の泡になってしまいます。このようなリスクを分散するためにシンジケートという方法が用いられます。
期待ハズレのラムタラの産駒
欧州3大レースを制した「ラムタラ」という馬が鳴物入りで96年、日本競馬界へ輸入されました。当時、種牡馬として絶大な力を誇っていたサンデーサイレンスを有する社台グループに対抗するためにに日高の生産者グループが巨大シンジケートを組んで購入したようです。しかし、今のところ日高の生産者の期待を裏切り、ラムタラの産駒は走っていないようです。初年度は1頭の種付け料1200万円でしたが、今では十分の一に下落しているといわれています。原因としては日高には優秀な繁殖牝馬がいなく、ラムタラの能力を十分に遺伝しきれていないといわれています。このように、種牡馬の購入に関してはとても難しい世界だといえます。

このページに出てくる気になるワード

日高】(ひだか)
日高地方の生産者グループを日高と略して言います。現在の競馬界では日高VS社台(サンデーサイレンスを有する)という構図になっているようですが、資金力と実力では社台グループが勝っているようです。
【ラムタラ】(らむたら)
アメリカ合衆国で生産され、イギリスとアラブ首長国連邦ドバイで調教された競走馬。デビュー2戦目で英国ダービーを驚異的な追い込みで勝ち、キングジョージ&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス、凱旋門賞を連勝。欧州3台レースを制する。

「競馬 シンジケート」に関する質問

シンジケート 競馬の世界では主に種牡馬について組織される株主の集まりのことで、...
2019年07月07日

シンジケート 競馬の世界では主に種牡馬について組織される株主の集まりのことで、1頭の種牡馬を数十株に分けて分配し、その保有株数に応じて種付けの権利を得る。通常、組まれる株数は40株~60株で、1株につき1頭分の種付け権利をもつ。 ①ディープインパクトのシンジケートを10株持っていたら10回分種付けの権利が得られるということですよね? ②ディープインパクト (例)年間200頭✕4000万円=80億円 種付けで得たお金も毎年、株数に応じて配当金を受け取れるんですか? シンジケート株を購入すると、種付けの権利と配当金の2つが手に入るということですか?

競馬 種付けのシンジケートとはなんですか? かなり無知です。 シンプルにわかりや...
2018年10月27日

競馬 種付けのシンジケートとはなんですか? かなり無知です。 シンプルにわかりやすく教えてください。 よろしくお願いしますm(__)m

競馬における、シンジケートの株主(出資者)っていうのは、1度出資金を支払えば...
2011年07月05日

競馬における、シンジケートの株主(出資者)っていうのは、1度出資金を支払えば、もう追加でお金を支払わなくてもいいのですか? それとも、毎年、その馬に関する費用も追加して支払わなければいけないのですか?

競馬に関して、日本では競馬産業は国の経営ですが、海外も国が経営してるんでしょ...
2017年10月15日

競馬に関して、日本では競馬産業は国の経営ですが、海外も国が経営してるんでしょうか どのように関与しているのでしょうか

競馬史上初の3冠馬『セントライト』は 種牡馬になるときシンジケートが組まれてい...
2017年09月08日

競馬史上初の3冠馬『セントライト』は 種牡馬になるときシンジケートが組まれていましたか?

種牡馬シンジケートについて。 競馬に詳しい方、教えて下さい。 他の質問を見て、...
2013年12月29日

種牡馬シンジケートについて。 競馬に詳しい方、教えて下さい。 他の質問を見て、シンジケートというのが種牡馬の権利を分割するシステムということはなんとなくわかりました。 ここで疑問 なのですが、Wikipediaより、例えばディープインパクトの場合は1口8500万円で60口、総額51億円でシンジケートが組まれたといわれている。とありますが、この51億円は誰の物なのですか?? 馬主である金子真人さんの物?? 金子さんは51億円でディープをシンジケートに売ったという事ですか?? シンジケートのメリットがイマイチ分かりません。 誰にメリットがあるんですか?? 一口8500万円も出して種付け一回権利ですよね? もう訳が分かりません。 分かりやすく説明出来る方、お願いしますm(._.)m

競馬で、ビッグレッドファーム、とは何ですか? 「どういう生産団体で、どういう特...
2016年11月13日

競馬で、ビッグレッドファーム、とは何ですか? 「どういう生産団体で、どういう特徴の馬が出来るか」 詳しく教えてください。 お願いします。

競馬について 種牡馬のシンジケートというの意味合いがイマイチわかりません。 リ...
2014年01月08日

競馬について 種牡馬のシンジケートというの意味合いがイマイチわかりません。 リスク面や利点など、どなたかわかりやすく教えていただけませんか?


↑ページ先頭へ